サンプルアイチャッチ

トップページ

宅建は、毎年20万人近くの受験者が殺到する人気の資格。
その受験者数は国家資格の中でもダントツです。なぜ、そんなに人気なのかというと、宅建は、不動産業界では必須の資格、さらに銀行や証券会社などの金融系企業やその他の一般企業にも必要とされる資格だからです。

とはいえ、宅建はすぐに取得できるという資格ではありません。合格率約17%、100人に83人は不合格という、難関試験を突破しなければならないのです。
よく、インターネット上では
「宅建は簡単」
「法律系資格の入門編」
「宅建は独学で簡単に取得できる」
というようなことが書かれています。
さらには、
「宅建独学勉強法」
「独学でも一発で受かる宅建」
「たった60日!独学で宅建に合格できる方法」
なるサイトも山ほどありますが、独学で一度失敗した私がここで断言します!
「宅建は独学で簡単に取得できる資格ではないし、たった60日
なんかで合格できるような資格ではないのです!」
そんなに簡単な試験であれば、合格率約17%のわけがないでしょう。
果たして、そのようなタイトルのサイトは信用できるサイトですか?
合格者によくあるのが、自分を美化して、通信講座や資格スクールに通ったにもかかわらず「独学で合格した」というパターンや、6ヶ月間勉強して合格したのに「たった60日で合格できた」と言ったり・・・・・・。
人間は格好をつけたくなる生き物です。ましては、簡単に取れると言われている宅建を、苦労して取得したなんて言うこと自体が恥ずかしいと思っている人はたくさんいると思います。そして宅建を取得するのに、通信講座や資格スクールを受講するなんて!とも。

だからこそ、宅建=独学というイメージがあるのだと思います。
「自分は何年かかってもいいから、どうしても独学で取得したいんだ!」
という人は別にして、最短・最速で確実に合格したいのであれば、絶対に通信講座か資格スクールを選ぶべきなのです。
このサイトでは、なぜ、独学ではダメなのか、どの学習法を選んだらよいのかなどを私の体験をふまえて、紹介していきます。
本気で宅建の資格を取得したい人はぜひ、参考にしてください。